NTTドコモからMNP転出

NTTドコモからMNP転出
DSC_0227.JPG

遂に長年利用していたNTTドコモからMNPで転出することを決めた。
もちろん転出先は、mvnoであり、OCNモバイルONEである。

さて、我が家のSIMカードと2年縛りの違約金が掛らない月は以下の通りとなる。(MNP転出しないジッチャンを除く)
・夫 /ドコモSIM ( 5~ 6月末)
・妻 /ドコモSIM ( 6~ 7月末)
・子供/auSIM   ( 9~10月末)
・iPad/ヨドバシSIM(制限なし)
※子供と記載があるのは、実際に端末を持たせている訳ではなく、将来持たせる予定の良番号(下4桁2200番)の契約である。

丁度、月のタイミングが良いので、夫の分をmvnoへ移行して差支えがなかったら、妻の分を移行する形にしようと考えた。
また子供用のSIMもOCNモバイルONEへ変更するのだが、MNPで転入するには音声対応SIMカードでないといけないようだ。(データ通信専用SIMカードへMNPで転入はできないらしい)
子供が大きくなるまでは、音声対応SIMカードをiPadへ刺して、データ専用で使うという形で運用することにした。

SIMカード毎に、OCNモバイルONEのサービスに当てはめてみる。
以下の構成とするためには同一名義の契約である必要があり、ドコモでMNP前に妻名義の契約は夫名義へ書き換えることとした。
・ドコモSIM ( 6月)→音声対応SIMカード(micro)
・ドコモSIM ( 7月)→容量シェア:音声対応SIMカード(nano)
・auSIM   ( 9月)→容量シェア:音声対応SIMカード(nano)
・ヨドバシSIM( 9月)→解約

なお、SIMカードはNTTコムのHPで買うよりもAmazonが安いのでAmazonから買うのだが、SIMカードのザイズが「標準」「micro」「nano」と3種類あるので、全て一番小さいサイズの「nano」で買っておき、nano→microへ変換できるアダプターも追加で買っておく…と。 SIMフリーの端末を購入した際にSIMカードのサイズがなんであってもSIMサイズ変更の追加費用(OCN)が掛らないように準備をしておく。

料金プランは取りあえず、「110MB/日コース」で申し込んでみる。
これは、容量シェアをしているSIMカード全部含めて、1日に110MBまで使えるプランである。
容量が足りないようであれば、1ヶ月に1回のコース変更が可能なので、「170MB/日コース」や「10GB/月コース」にすれば良いのである。

またOCNモバイルONEで熊本は震災の関係によりMNP転入の規制が掛っているが、NTTコムのカスタマーズフロントへ訪ねたところ、SIMの郵送に遅延があっても構わない場合はMNP転入を受け付けているようだ。
さぁ、新しい環境へお引越しだ!