BRAVIA KJ-49X9000F 購入編

BRAVIA KJ-49X9000F 購入編

4Kの液晶テレビとUHD BDプレーヤーを買うことにした。
ソニー信者らしく、いずれもソニー製品を買うことにしたが、以前のようにフラグシップ機を視野に入れられる予算はない。
本当は有機ELテレビとユニバーサルプレーヤーが欲しかったが、老後の楽しみにとっておくことにした(笑)

機種の選定は容易で、液晶テレビはVGP2019金賞のKJ-49X9000F。UHD BDプレーヤーはDolby Visionに対応しているUBP-X700とした。
予算は2つ合わせて15万を目処にした。
購入先は、ネットではなく近所の量販店で買うと決めていた。
壊れても良いような小物ならともかく、黒物家電は信頼のある(ネットのショップはいつ潰れるか分からんし)お店で保証を付けて買いたいのだ。

コジマが8月決算なので、2月は中間決算の月になる。
少しでも売り上げが(厳密には利益か)欲しいだろうし、値引きに期待ができるというものだ。
まずは様子見で、元ソニーの販売店の人(今はコジマの店員さんだが)を捕まえる。
妻に承諾は得ていないが、今月買うので金額を出して欲しいと伝える。
・テレビ 129,000円(税込)
・プレーヤー30,000円(税込)
買えるなら、明日来るのでと言って名刺を貰う。

時間が出来たので、価格コムで値段を確認してみる。

・BRAVIA KJ-49X9000F 116,666円(税込)


・UBP-X700 26,200円(税込)

買いに行くのは翌週になったが、また同じ店員さんを捕まえる。
今日は買いに来たので、金額を出してくれと伝える。
・テレビ 116,000円(税込)
・プレイヤー 24,000円(税込)
熱い価格交渉をせずとも、価格コムよりも安い値段が出てきたので即決。

価格コムよりもコジマネットよりも、安い価格が出てきたのは、きっと二人のソニーへの熱い情熱があったからに違いないと思いつつ購入手続きをしてきた。